2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月30日 (木)

白馬五竜レーシングアカデミー

びっけパパは全日本スキー連盟公認の指導者だったりするのです。
毎年神奈川県スキー連盟主催の指導員研修会に参加しています。
所属は大阪府スキー連盟なんですけどね。

1月18、19日で白馬五竜スキー場 へ。
お父さんは研修会だから、スキー学校に入るなら連れて行ってあげるよ。
で、息子がついてきました。

実はこれまでスキー学校に入ったことはなかったんです。
他人に教えてもらった方がいいこともある。
ポールにも入らせてやりたかったし。
で、調べてみるといいのがあるではないですか。
白馬五竜レーシングアカデミー

連絡を取ると、ゴールからスタート位置まで一人で移動できるなら預かりますよ、とのこと。
少々不安ありつつも、ま、何とかなるでしょ。
せっかくの機会なので面倒見てもらうことにしました。

研修会の開始まで少し余裕があったので、リフト降りてからポールのスタート位置までの移動を一緒に確認。
研修会よりレッスンの方が早く終わりそうだったので、終わったら同じコースを滑るか、下のレストランで待っているように指示して別れた。

研修会の班は20名ほど。
40歳を超える人もいる。
でも一番若い班。
高齢化を感じますね。

班のメンバーは揃っているものの、講師が来ない。。。
他の班は研修が始まっているのに。
しばらくして講師登場。
名前は読み違えるし、ライセンス集め忘れるし、先が不安なスタートとなった。

2014年1月29日 (水)

誕生日

1月15日は兄の誕生日。
今年7歳になりました。
20140115_

こいつなかなかのカメラ小僧。
EOS KissDXを操ります。
実はカメラ女子もいて、しょっちゅうカメラの取り合いになるのです。

もう1台あればけんかせずに済むね。
ということでプレゼントはこちら。
20140115__2
EOS Kiss X7i。

ライブビューモニタもあるし、ISOはMAX12800。
星撮りにはもってこいですな。
はい、しっかり貸していただきます(笑)

2014年1月28日 (火)

ひじ粉砕

おしるこ茶屋ではびっけままさんが到着したときにすぐに食べられるようにときなこもちを頼んでおいた。
子供達はおいしそうに食べている。
20140112__4
我が子ではありませんが(笑)

そんな時に「ゆさお」さんからメールが。

急斜面でびっけまま負傷。
レスキュー対応中。
病院に行く必要あり。

えええ~~~
と狼狽えることなく、あ~やっちゃったか~
っていたって冷静なびっけパパがいました。
リフトで一山超えコース一番下の診療所へ。

レントゲン撮った結果、右ひじ骨折。
20140112__6
こりゃまた面倒な場所。。。
後日、家の近くのおおきな病院に行って診てもらったら、この場所以外にも3箇所ほど粉砕。
入院→手術という未来が待っているのでした。

2014年1月27日 (月)

上国物語

物語の舞台は上越国際スキー場
我が家は車で先行到着。
他のみんなは新幹線で昼ごろ到着予定なので先に滑り始めた。

妙高杉ノ原に比べるとコースが短い。
また平坦な斜面の移動が多い。
やっぱり妙高いいなぁなんて思いながらも、裏手のパノラマゾーンは雪質もよく滑りやすかった。
例年2日目に行く「おしるこ茶屋」に家族で初日にGO。
おしるこではなく、きなこもちをいただいた。

午後には新幹線組と合流。
ちなみに兄はこんな感じ。
20140111_
なかなかかっちょいいやん。
ストックGS用やし。

20140111__2
こちら妹。
表情が真剣ですな。

初日は結構な雪だったけど、2日目は快晴。
が、しかし。
妹の方が38℃を超える発熱。
でも元気。
どうしても滑りたいと駄々をこねるので、御昼ごはん食べたらお母さんとお昼寝ね。
と約束をして滑りに出た。

全員ではないけど集合写真。
20140112_
楽しそうですね。

2日目恒例のおしるこ茶屋へ。
大人数名が子供たちを引率していきます。
少し滑れるお兄ちゃんお姉ちゃんと元気なおじさん「ゆさお」さんが上国名物の大別当コースに行ってから茶屋に向かうという。
「誰か一緒に行く人~」の掛け声に、午後はお昼寝が決定しているびっけままさんは「は~い」と元気に行ってしまいました。

おしるこ茶屋のそばの雪の壁では子供達大はしゃぎ。
20140112__3
いや~楽しそう。

しかし、その頃事件は起きていたのだった。。。

2014年1月25日 (土)

上国物語の序章

上の子の保育園時代のお友達のお兄ちゃんの同級生仲間が中心になったTGF(Totsuka Golden Family)なる団体。
大人も子供もみんなで楽しみ、いろいろ経験しようよってな感じの仲間。
キャンプに行ったりスキーに行ったり。

毎年1月の連休は上越国際スキー場に行っている。
我が家も2年前から参加させてもらっていて今回が3回目。
ここの幹事さんはスキーの企画に始まり旅行会社への手配、旅行中の撮影、最後はDVDまで作ってくれる。
上国物語とはドラマ仕立てで我々は出演者(笑)
キャストは総勢30名以上。

ほとんどの参加者は新幹線で現地へ向かうのですが、我が家は子供含めてマイスキーで荷物が多いことから車移動。
車移動の目的はもう一つ。
スキー場は山の中。
ということは星もたくさん見える。
上越方面へ向かう時、いつも寄り道をするのは道の駅たくみの里
今回はここから少し先に行った畑道で撮影。

とはいえ現地に着いたのは5時過ぎ。
薄明開始まで時間がない。
赤道儀まで出してらんないのでポラリエで。

対象は毎度おなじみのこちら。
20140111_
カメラ:Canon EOS Kiss X7i(無改造)
レンズ:SIGMA EX APO HSM 70-200 F/2.8
赤道儀:ポラリエ
撮影条件:135mm F2.8 ISO3200 2014/1/11 5:27 30秒×20枚

撮れるうちは撮っておきたい対象なので。

2014年1月23日 (木)

しぶんぎ流星群

我が家は箱根駅伝の第2中継所の近くにある。
毎年正月は奥さんのお母さんの実家に行っているため箱根駅伝はテレビ観戦。
今年は母親が大阪から出てくるというので、2日、3日と家にいた。
せっかくだから駅伝見に行こうと思っていたが、息子の冬休みの宿題が終わらず。
子供ががんばってるのに親が出歩いてどうするの!という厳しいお言葉により結局見に行けず。。。

宿題が終わってから奥さんのお母さんの実家に移動。
場所は栃木県小山市。
3日~4日といえばしぶんぎ流星群の極大日。
しかも今年は新月期。
小山から戦場ヶ原までは約100Km。
行くしかない!と思っていたけどあいにくの曇り空。。。

翌日は快晴予報なので1日遅れでも出現に期待して行ってきた。
でも寒い。
気温はマイナス10℃。
カメラセットして車に避難。
車の中からいくつか流星は確認できましたが、2時間放置して写ったのはたったの1枚。
しかも放射点からしてしぶんぎ流星群ではなさそうな。。。
20140105_
カメラ:Canon EOS KissDX(無改造)
レンズ:TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR DiⅡ
赤道儀:GP2(ノータッチ)
撮影条件:17mm F3.5 ISO1600 2014/1/5 1:34 60秒×1枚

明け方、せっかくなのでラブジョイも撮っておいた。
20140105__2
カメラ:Canon EOS Kiss DX(無改造)
鏡筒:SE120 600mm F5
赤道儀:GP2(ノータッチ)
撮影条件:2014/1/5 5:32 60秒×19枚

まだまだ楽しませてくれますね。

2014年1月22日 (水)

初撮り

今年の初撮りは年末年始の妙高スキーからの帰り道。
天体観測のメッカ、八ヶ岳のふもと原村に寄り道を考えていたものの天気がいまいち。
GPVと睨めっこして、甲府から南下した朝霧高原は天気がよさそう。
で、ジャンボリーに決定!

何を狙うか?
でも眠い寒い。
あまり対象探すのに時間をかけたくない。
頭をよぎったのは山口のじぃ様のエンゼルフィッシュ
これならすぐにカメラ向けられる。

リンカーン風に「ノーマルのノーマルによるノーマルのためのCLS」を使って。
20140102_
カメラ:Canon EOS KissDX(無改造)
フィルタ:Astronomik CLS
レンズ:TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR DiⅡ
赤道儀:GP2(ノータッチ)
撮影条件:35mm F3.5 ISO1600 2014/1/2 1:26 10分×8枚

眠い寒いでピント確認は甘々。。。
でもまあ、お魚の存在はわかりますね。
ループ、薔薇も写って初撮りとしてはOKとしましょう。

2014年1月21日 (火)

初滑り

3週間が経ちましたが、新年あけましておめでとうございます。

年末年始は妙高杉の原にて今シーズンの初滑り。
正月をスキー場で迎えるのは学生時代以来20年ぶりくらい。
奥さんとの出会いもこのスキー場。

妙高に行くときは居候をしていた宿、ナチュラルイン翠山 にお世話になるのだが、今回は満室ということで断念。
代わりに奥様がスキー合宿で使っていた宿、やすらぎ館 にお世話になった。
奥さんの先輩、後輩も遊びに来ていてアットホームな雰囲気で楽しめた。

スキー場の駐車場からの朝焼けに染まる妙高山。
20131230_

こちらは日の出。
20131230__2

太陽の下に見えているのは野尻湖。
ナウマン象の化石が見つかったところ。

夜中に到着して気が付いたけど、この駐車場真っ暗。
明け方には照明がついたけど、星撮りには結構いいかも。

このスキー場はコースが長い。
リフト1本乗ると2~3Kmは滑れる。
ゴンドラに乗れば約5Km。
広いフラットなバーンもあれば、急斜面、コブ斜面とバリエーション豊富。
久々に滑ったけど、やっぱり最高のスキー場。

子供達の上達も大したもの。
小学校1年生の兄はコブ斜面を大回りで降りてくる。
4歳の娘も30度の斜面を怖がらず一人で滑ろうとする。
緩斜面でのカービングターンはお見事!
オリンピック選手は言い過ぎかもしれないけど、国体選手くらいは目指せるのでは?

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »