2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 冬の代表格 | トップページ | ちょっと前の記録その3(20140205) »

2014年3月29日 (土)

マルカリアンチェーン

先日の岩堂山遠征。
改造カメラによる冬の赤いのを撮った後、せっかく暗い場所に来たのだから月出までの時間に撮りたいものがった。
おとめ座銀河団のマルカリアンチェーン。

私、自動導入なる文明の利器は持ち合わせていない。
星雲星団ベストガイド を開いてファインダー覗きながら探していく。
淡い天体なんぞファインダーでは分からないので大体の位置にセットし、試し撮りで位置を微調整していく。
実はマルカリアンチェーンはこの本には載っていない。。。
今回使用したのは滝星図8.5等
実はこれ北天分全部印刷してあります。

スピカとデネボラの間にε星があって、その右上にρ星。
これ4.88等星のようですが、こいつまで肉眼で確認できました。
これをファインダーに入れて、そこからε星とほぼ同じ距離で少し上の方。
てな探し方で見つけました!

20140322_
カメラ:Canon EOS Kiss X7i(無改造)
フィルタ:Astronomik CLS
鏡筒:SE120 600mm F5
赤道儀:GP2(ノータッチ)
撮影条件:ISO6400 2014/3/22 23:05 60秒×53枚
撮影地:岩堂山北側

時間がなかったので、赤い対象でもないしピント合わせを考えるてノーマルX7iを使用。
家の近くではε星すら確認するのは難しい。
やっぱり暗い場所っていい!
手動導入でよく頑張ったと自分を褒めてみる。

先に紹介した冬天体撮影時、欲張ってカメラ2台乗っけてました。
こちらでもバラ撮ってました。
こちらはカメラファインダー覗きながら自由雲台を動かして探すのですが、暗い場所ではバラの場所もあっさりと見つかります。
20140322__2
カメラ:Canon EOS Kiss X7i(無改造)
フィルタ:Astronomik CLS
レンズ:SIGMA APO 70-210 F/2.8
赤道儀:GP2(ノータッチ)
撮影条件:210mm F2.8 ISO3200 2014/3/22 20:54 180秒×15枚
撮影地:岩堂山北側

ノーマルカメラもCLSの力借りてなかなか頑張ってます。
実はRAW設定を忘れJPEG画像による編集。。。



にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

« 冬の代表格 | トップページ | ちょっと前の記録その3(20140205) »

天体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1917034/55559607

この記事へのトラックバック一覧です: マルカリアンチェーン:

« 冬の代表格 | トップページ | ちょっと前の記録その3(20140205) »