2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 鎌倉へ | トップページ | 裸族 »

2014年7月14日 (月)

御前山登山

昨日、奥多摩湖から御前山に登ってきた。
25日から予定している富士登山の練習登山。
標高1,405m、標高差は登り875m、下り1040m。
歩行距離9.2km、登山レベルは中級、体力★★★、技術★★となっている。

富士山はご存じ標高3,776m。
標高差は1,471m、歩行距離13.3km、登山レベル中級、体力★★★、技術★★★。
富士登山は山小屋宿泊で丸2日かけて登り下りすることを考えると、1日で登り下りする御前山は結構いい練習だと思う。

朝7時過ぎに家を出発。
開通間もない圏央道を通って青梅ICまで。
そこから下道で9時半頃奥多摩湖到着。

早速登り始めます。
登山の本に「さっそくつらい登りが続く」と書いてある通りどんどん登っていきます。
1つ目の山頂、サス沢山。
ここからは奥多摩湖が良く見えます。
20140713_

息子はここがゴールで来た道を戻ると思ったのか、その先に進もうとすると急にテンションダウン。
下りる道は違うんだよって説得して何とか再スタート。
おいおい、こんなところでヘバッてちゃ富士山なんか登れないぞ。

でも途中で敬老登山組を追い越したあたりからエンジンがかかってきたのか、休憩もせずにどんどん登っていきます。
こちらがハアハア息を切らせてついていく始末。
一気に2つ目の山頂、惣岳山。
20140713_

ここでは別ルートから登ってきた集団が先に出発するものの、途中で一気に抜き去り御前山山頂へ。
20140713__2

ここまで約3時間。
登山の本に書いてあった標準の時間通り。
たいしたもんだね。

山頂でおにぎりを食べて、ここからは下り。
山頂から少し下った場所にある避難小屋でトイレ休憩。
と同時に雨。
おやつも食べてしばし休憩。
小降りになったところでどんどん下ります。

途中、倒木や崩落で登山道が通れない場所が。
コンクリート道の迂回コースを通ることに。
これが足への負担大。
雨で滑るから余計に神経と体力使うし。
迂回しているので距離も長いし。
結構きつかったです。
息子も何度もめげそうになっていましたが、なんとか歩き切りました。

途中、あじさいが綺麗に咲いていました。
20140713_2

こちらは形が少し変わっています。
20140713__3

最後にあった小屋には1枚の案内が。
「6月14日午後2時ごろ熊目撃情報」
まさにさっき通ってきた登山道で1か月前に熊が出ていたようです。。。

コース迂回したこともあり、総歩行距離は10Kmを超えたのではないでしょうか。
トータル6時間の登山。
標準は5時間10分となっていましたが、迂回および雨宿りを考えると、ほぼ標準時間でしょう。
富士登山も頂上到達が現実的に見えてきました。
あとは高山病対策ですね。
これもちょっと対策考えてあります。
今年は頂上立ちたいな。




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

« 鎌倉へ | トップページ | 裸族 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

びっけパパさんおはようございます。
練習登山お疲れ様でした。まだまだお若いからスタミナ充分ですね、私なんか毎朝家内と一緒に近所3~40分かけて散歩してますが胸にステントワイヤー入れてるので無理は出来ません。遠出と言えば6/14 PM2:00 頃御前山に行った位かな(笑)
25日どうぞ無理をなさらず楽しんで来て下さい。

こんにちは
お試し登山お疲れ様でした。
樹林帯を抜け尾根歩きし樹林に入りの繰り返す山と違い富士山は単独峰ゆえ
ジグザグに登るにしろ直登ににつぐ直登気持ちが萎えると聞きますが
是非、頂上を踏んで息子さんとの強い絆と思い出を作って下さい。
記録画像楽しみにしています。

>夕焼け熊五郎さん
熊出没は熊五郎出没でしたわ(笑)
結構疲れました。
臀筋筋肉痛です。
25日は結構余裕を持った計画にしています。

>テナーさん
そう富士山はひたすら登る。
ひたすら下るなんですよね。
のんびりと休み休み行ってきます。
是非とも山頂画像UPしたいです。

こんにちは。
練習登山、お疲れ様でした。

25日の富士山は楽しみですね。
私は登山するだけの体力がないので、びっけパパさんの画像を楽しみにまっております。

>kurumiさん
御前山は結構ハードでしたが緑の中を歩くのは気持ちいいです。
関西だと箕面の滝道なんかはおすすめですね。
ちょっと山道歩きたいなら五月山へ抜けるルートもあります。
富士山は岩と砂だらけですが、夜は満天の星空が待っているはず!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1917034/56793052

この記事へのトラックバック一覧です: 御前山登山:

« 鎌倉へ | トップページ | 裸族 »