2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ベランダからの夏天体 | トップページ | アンタレス再び »

2015年5月16日 (土)

バンビ描いてみました

4月の新月期、天気も良かったのでちょっとお出掛け。
翌日はスキーに行く予定もありながら。
狙うはバンビちゃん。
本当はポラリエで天の川も狙おうと思っていたのにデジカメの予備バッテリーを忘れるやらかし。。。
100mmでバンビ一本に絞りました。
で、こちら。
20150418_100mmx4



カメラ:Canon EOS Kiss X4(改)
フィルター:LPS-P2
レンズ:Canon EF100mm 2.8L Macro
赤道儀:GP2
ガイド:190mmF3.8ガイド鏡+NexGuide
撮影条件:100mm F4.0 ISO3200 2015/4/18 2:51 300秒×1枚、240秒×1枚、180秒×20枚
撮影地:岩堂山南側

途中、雲の通過もありましたがよく撮れたと思います。
せっかくなのでイラストをば。

20150418_


う~ん。
おりおん画伯かいっこう画伯に弟子入りしないと。




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

« ベランダからの夏天体 | トップページ | アンタレス再び »

天体」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
バンビの横顔や大きな散光星雲など、よく写っていますねえ。
ここは南側が暗いのでしょうか?
ところでバンビの全形はこうだったのですか?
私は胴と足が凄く短い、とっても変な形だと思っていました。
しかも足は4本以上もあって、、、。

びっけパパさん こんにちは
バンビの横顔綺麗に捕らえましたね、首飾りもバッチシ、カメラ右に傾け贅沢撮りいやー素晴らしいですね、、、、ううっだれだきれいな星空にいたずら描くのは、こんな人に星を撮る資格は無いと思います、(私を含めて)笑う
このバンビ少し餌与えすぎかな。

バンビって、そこにあったんやぁ!
って、今さらで、ガス。ハッハハッは!
先日干潟中心で135mm撮ったが、知ってれば
少し左上に振れば撮れたんやなぁ。と悔しがらすための記事?
ハッハハッハハは!

で、これバンビ?よ、ねぇ。うん!バンビ!そぉ、バンビ!!
迷ったら言いきる!はハッハハッハハ!!

いやぁー すごい星の数ですなぁ。
ここの領域は小鹿かどうかは別にして、昔から説明なしでシカに見えてました。
でもこのイラストで、”牛犬”に見えてきた。(笑)

こんにちは
すごく良い感じの構図
バンビを中心に夏の主役の豪華盛り合わせ、露出を
伸ばし微光星も暗黒ウネウネも鮮やかな画像だと思いますよ。
一度狙ってみたい構図です。

>やまねももんがさん
南側は海なので暗いです。
北側は横浜の灯りでダメですが。
バンビの全景どうなんでしょう(笑)
保育園の子供に描かせた方が上手いかもしれません。

>夕焼け熊五郎さん
いい構図で納められたと思います。
ステライメージでイメージしたところ100mmで一網打尽ということを確認して現地で微調整でした。
イラストは、、、やめた方がいいですね(笑)

>じぃ様
じぃ様の作品はあくまで干潟狙い。
あれは素晴らしかったですよ。
皇座山でのバンビは見応えありそうです。
期待してます。
バンビですよ。
迷わず言い切ります(笑)

>雲上さん
こんだけ色々写ると楽しいです。
牛犬って(笑)
バンビですバンビ。
心の目で見てください。

>テナーさん
この日は少々薄雲かかっていました。
starlostなる文字も見えてました。
すっきりした空でもう一度撮ってみたいです。
でも今回もいい感じには撮れました。
是非狙ってください。

こんばんは。
バンビって聞くけど、どこのことだかサッパリ分かりません
でした。こんなに大きな範囲だったんですね。これで少し
話について行けそう。絵は個性的ですごくいいですよ。
キレイに描けたらつまりません。あ、からかっていません
から(笑) 是非また、描いて見せてください。

>ヤマボウシさん
広角だと存在がよくわかりますね。
200mmくらいでも迫力ある画になると思います。
255mmもいけるはずですよ。
少しでもイラスト描いてと言う方がいるなら描いてみようかな(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1917034/59949275

この記事へのトラックバック一覧です: バンビ描いてみました:

« ベランダからの夏天体 | トップページ | アンタレス再び »