2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 梅雨のさなかの天体写真(月編) | トップページ | 梅雨のさなかのジョギング »

2015年6月26日 (金)

梅雨のさなかの天体写真(星雲編)

6月12日の夜、遠征に行こうか迷っていた。
GPVでは曇り予報。
富士宮口5合目の天気予報 は昼間確認すると0時頃に晴れてくる予報だった。
2200m付近の天気予報 もやはり0時頃には晴れる予報だった。
でも夕方確認すると曇り予報、どうかしたら小雨の予報に変わっていた。
ということで遠征中止決定。
ビール飲んで寝ちゃいました。
が、後日ブログ村で確認すると、龍の似合うおりおんさん とは別のオリオンさん の記事を見ると富士宮口5合目は晴れていたとのこと。
しかも雲海により街明りも遮られ最高の条件で。
迷たらGOだった。。。

そして先週19日。
GPVでは雨予報。
でも5合目は晴れ予報。
雲海により明り遮られ最高の条件。
びっけママさんにも遠征の許可をなんとか頂き迷わずGO!

道中、何度も鹿と遭遇し、雲の中を突っ切って標高2,400mの地へ。
雲も抜けた。
満天の星が。
ない。。。
頭上にはお宝はなくさらに雲が広がっていました。

皆さん同じことを考えていたのでしょうね。
トータルで20名ぐらいはいたのではないでしょうか。
上段の駐車場東寄りの少し空いたスペースに車を止めて。
予報では12時頃から晴れることになっていたし慌てずのんびりセッティング。

雲の切れ間から見える星の数がすごい。
胸高まるも北極星が出てこない。
見事に北極星のあたりに雲が。
そうこうしてるとまた雲が広がったりと。

北極星が出てこないことはオリオンさんも記事 にされていましたね。
下段駐車場にいらしたようで、実は私の車が写っているかも。
babyelfさん もいらしていたようですし、こちらの記事を拝見するとYOCCHANさん もいらしたようで。
考えてみたらお隣にいた方はこんな車 だったような気がしますしSXWにフードのついた屈折鏡乗せていたし。
聞こえてきた会話では曇っているので大きいのは置いてきたって言ってた気するし。
きっとYOCCHANさんだったんだと思います。。
ああ、お話すればよかった。

肝心の撮影の方ですが。
2時頃に一瞬北極星のあたりが晴れなんとか極軸合わせました。
でもそのあと駐車場も雲の中。。。
この雲に入ったことろで撤収された方が多かったですね。

私は晴れることを信じて待ちました。
そして白鳥座付近からケフェウス座付近の雲がなくなりました。
でもいつ雲が出てくるか分かりません。
5分でセットしたものの雲広がってボツになると悲しいので2枚目からは3分にセットし。
3枚目の途中で曇りました。
なんとか処理したものがこちら。
20150620_ic13965ef200mmx4
カメラ:Canon EOS Kiss X4(改)
フィルター:LPS-P2
レンズ:Canon EF200mm 2.8L
赤道儀:Vixen GP2
ガイド:190mmF3.8ガイド鏡+NexGuide+焦り
撮影条件:200mm F4.0 ISO6400 2015/6/20 3:16 300秒×1枚、180秒×1枚、100秒×1枚
撮影地:富士宮口5合目駐車場

試し撮りでISO6400のままでした。
それでも薄明開始してから5分開けても使える画像でしたから、ISO3200だと単純に10分はOK。
薄明前であればもっといけそう。
やはり暗いんですね。
天の川もくっきり見えてました。

天の川といえばポラリエで。
20150620_550mmx7idpp
カメラ:Canon EOS Kiss X7i(無改造)
フィルター:Astronomik CLS
レンズ:TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR DiⅡ
赤道儀:ポラリエ
撮影条件:50mm F4 ISO3200 2015/6/20 3:14 150秒×1枚
撮影地:富士宮口5合目駐車場

なんで150秒だったんだろう?
1枚セットした後手を掛ける暇がありませんでした。
1枚だったのでCanonのDigital Photo Professionalで処理してみました。
このあたりを50mmで撮るのは面白そうですね。

梅雨真っ只中ですが、太陽・月だけでなく、なんとか星雲も撮りました。
でももっと時間かけてじっくりとりたいです。
いつかはリベンジ。
来月の新月期はマイカー規制かかっているので9月か10月ですが。




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

« 梅雨のさなかの天体写真(月編) | トップページ | 梅雨のさなかのジョギング »

天体」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
やはり迷っても出かけてみないことには始まりませんね。
私は体力温存のほうを選択したのですが、温存ばかりで腹が出てきそうです(苦笑)。
ちょっとだけご褒美がもらえたようで良かったですね。
北極星が見えない時のイライラ感、よく分かりますよ。

びっけパパさん  おはようございます。
先週行って執念で撮って来ましたね。久しぶりの赤い画像こんなの何時以来だろうか
涙が止まらない、よく見たら目やにだった。
天の川も懐かしい久しぶりの赤い画像こんなの何時以来だろうか見てるだけで熱くなって鼻の下に汗をかく、よく見たら鼻水だった。
口を開けたまま画像見入ってたら冷たいものが、よく見たらよだれだった。

こんにちは
苦労を乗り越えての撮影おめでとうございます。
矢張り出かけてみないと何も始まりませんね。
それにしても2400mの世界は違いますね。
一度は行ってみたい撮影地です。

自宅撮影で楽をしているものの言うことではないのですが、
大変な苦労をしてねばって得られた貴重な画像なんですね。
ボウズで無かったのが不幸中の幸いでした。
無改造カメラでも北アメリカ星雲の赤が良く出ていてびっくり。
それにしてもF4レンズでISO6400で5分というのはほんとに暗い空!
そんな空にお目にかかる事は無いだろうなとあきらめています。

こんにちは
2400の星空ってどんなんでしょう??皆さん凄いですよね。
近所で言ったら八ヶ岳の頂上で見るようなものです。
そこに車で行けてしまうとは。
高山病にならないように気を付けて下さい(笑。

>やまねももんがさん
迷たらGOですね。
この格言を言っていた方はお腹が出て困っているようで(笑)
完全ボウズにならずによかったです。

>夕焼け熊五郎さん
雨の中を星撮りに行くのですからほんと執念に近いですね。
しかしまぁ目やに鼻水よだれまで(笑)
そろそろ晴れないと夕焼け熊五郎さん精神的に参っちゃいますね。

>テナーさん
2,400mの世界。
やはり素晴らしいです。
意外と近いです。
少なくとも我が家からは比良の丘行くより近いです(笑)

>雲上さん
折角の遠征だったので粘りました。
そのかいあってなんとかGETです。
無改造カメラでも赤いのが楽しめる。
CLSマジックですね。
ISO3200で15分くらい開けてみたいです。

「迷たらGO」名言ですね。
私もこの梅雨時、「行けばよかったかも・・・」と後悔した日があります。
で、行ったら行ったでどん曇り・・・うまくいきませんねぇ。
それにしても薄明開始後、短時間露光でこれだけ写るなら、条件がいいと最高でしょうね。
は〜撮影行きたいなぁ・・・。

 この時期にブログ村の新着写真で燦然と輝く赤いやつ。やりますねぇ。
 なにより、撮るぞ、という意気込みがすばらしいです。
 処理する写真があって、うらやましい!
 

>龍の似合うおりおんさん
迷たらGO、迷言ともいいます(笑)
この条件でここまでですからポテンシャル非常に高いですね。
最高の条件で撮りたいです。

>いっこうさん
見るぞ、撮るぞ、処理するぞ!
って意気込みです。
須走口より標高高いのでこっちの方がいいのかも。
時間も10分くらいしか変わらないかな?
比良の丘より近いし。

びっけパパさんの執念で晴れさせたってところでしょうか。
富士山5合目駐車場は私の原点なので
みなさんの記事を見るたびに思い出します。

なんだかとってもうらやましく思えてきた(笑)
ことしこそ山頂いけるといいですね。


>道端小石さん
もともと晴れる予報でしたからどうなんてしょう?
今年は3度目の正直です。
山頂行きたいです。
でもって8合目付近からの満点の星を拝みたいです。

はじめまして。
こちらのブログでご紹介いただきましたオリオンと申します。

12日の夜は同じ場所で撮影していたのですね。
そういえば、駐車場の上の段から楽しそうなお話し声が聞こえていました。

私もbabyelfさん と、現地ではじめてお会いしましたが、天候が回復するまでの時間つぶしに付き合っていただきました。

またいつの日か、びっけパパ さんとお会いできる日を楽しみにしています。

>オリオンさん
はじめまして。
勝手に紹介してしまい申し訳ございません。
オリオンさんの記事に触発されました。
オリオンさんは見事リベンジされていましたね。
新月期の富士宮口に行けばお会いできるでしょうか。
お会いできる日を楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1917034/60514894

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨のさなかの天体写真(星雲編):

« 梅雨のさなかの天体写真(月編) | トップページ | 梅雨のさなかのジョギング »