2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 富士登頂苦難の道、父子鷹が行く 最終回 | トップページ | 富士山でIC1396リベンジ »

2015年9月 4日 (金)

富士山7合目の鹿

富士登山にはポラリエ担いで行きました。
雲台ベースや微動雲台。
もろもろの機材はおそらく登山で必要とする道具の倍以上の重さだったでしょう。

でもせっかく標高3,000mに行くのです。
雲の上、澄んだ空気、新月期。
となれば頑張るしかないのです。

で、まずは天の川を撮りたい。
試し撮りで1枚。
20150809_00_717mmx4
カメラ:Canon EOS Kiss X4(改)
フィルター:LPS-P2
レンズ:TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR DiⅡ
赤道儀:Vixen ポラリエ
撮影条件:17mm F4.0 ISO3200 2015/8/9 20:25 180秒×1枚
撮影地:富士山7合目東洋館横

飛行機や人工衛星はご愛嬌。
ファインダーで画像確認したところ、バンビちゃんがしっかり撮れるのでは?
で、慌てて100mmに付け替えて撮りました。
20150809_01_7100mmx4
カメラ:Canon EOS Kiss X4(改)
フィルター:LPS-P2
レンズ:Canon EF100mm 2.8L Macro
赤道儀:Vixen ポラリエ
撮影条件:100mm F4.0 ISO3200 2015/8/9 20:40 120秒×22枚
撮影地:富士山7合目東洋館横

干潟、三裂、ワシ、オメガ。
贅沢な領域です。
いや~頑張って担いで登った甲斐あった。

やっぱ暗い所っていいなぁ。

あ、ここ撮ったらやっぱりイラストですね。
20150809_01_7100mmx4_




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

« 富士登頂苦難の道、父子鷹が行く 最終回 | トップページ | 富士山でIC1396リベンジ »

天体」カテゴリの記事

コメント

びっけパパさん 今晩は
天の川やはり空気が綺麗だといいですね。
又イラストがいい、わしを見つめながら青いウンチと言ったタイトルでしょうか。
足が短い分5本付いてます  なぁーんてこたー無いですよね。

一に体調二に空、三・四が無くて五に機材。と思ぉていたが、
こりゃ一にお空で、ガスねぇ。この空見たら元気がでますわぁ。テヘッ!
ま、荷物担ぐ苦労をいとわないびっけパパさんの勝ちでもありますねぇ。
いやぁ、素晴らしい!!遠く山口にて、それも腰をいわした状態で、
富士からの星空が拝める。びっけパパさんに感謝で、ガス。

低空まで透明感のある天の川、高所ならではの素晴らしい画像ですね。
重い撮影機材を背負っての登山、帰途は息子さんを抱えての下山。
色んな意味で思い出深い作品になりますね。

拡大画像で星にモアレ状の流れが見えますが、サイズ縮小が原因でしょうか?

こんばんは。
高標高での天の川きれいですね。
鮮明さが違うように感じます。
特に100㎜レンズでのバンビ付近はすばらしい。
来年は、私もポラリエかついで登ろっかな?

おはようございます。
仰るように、頑張って担いで登った甲斐がありましたね。
微光星のつぶつぶ感が凄いです。
この時期は空気中に水蒸気が多いので、標高の高いところで撮影すると別世界の写真になりますね。
頑張った人だけがゲットできるお宝ですよ。

すばらしいっ!!天の川も濃いですねー!!7合目での撮影ですか。
固定撮影される方はいらっしゃるでしょうけど、ポタ赤使う方ってあまりいないんじゃないですか?重いですもんねぇ。
その苦労の甲斐もあってのこの画像。バンビも喜んでますね(笑)
次はSE120とGP2ですね。

こんにちは
親子鷹も星空もカッコいいです。
私もザックにカメラポタ赤三脚を入れて、たかだか30分の登山をしてますが、それを富士山でやる苦労。想像を絶します。
それが次回は鏡筒と赤道儀ですか~~!(笑。
期待してますね。

こんにちは。

いや~さすが横浜微笑念隊長どの!
そこまで、自力で機材上げますか・・・

かつて、私たちも歩きで山の上に担ぎ上げた事はありますが・・
今は無理ですね!!

バンビいい感じに構図が決まってます。

お絵かきも、うちの提督より上手なんでは???

提督のは「どえらい、ダックスバンビ!」でしたからね。

あ~今の「オフレコ」です。反逆罪で死刑になります!!

>夕焼け熊五郎さん
綺麗な天の川でした。
肉眼でもしっかり確認できました。
息子もくっきり見えたといいます。
わしを見つめて青いウンチ(笑)
足が5本、よく気がつきました。
書き終えてアレ?ってなったのですが書き直してはいけないとどこかで聞いたもんで。

>じぃ様
一に天候二に空、三四がなくて五に気持ちでしょうかね。
去年はポラリエ担いで行って天気悪かったので単に重いだけでした。。
今年は天気良い予報でしたしポラリエとしては完全装備でより重くなりました。
富士からの星空、来年は如何に!

>雲上さん
エビボクサー星雲とか取りたかったんですけど考えてみたら富士山の北側にいるわけで南の空低いところは富士山に隠れてしまうんです。。
富士宮口からだともっと低空が見えるかもです。
そうなると低い部分はどうなるか?
来年以降のテーマとします。
モアレ状?
ご指摘あるまで気にもしませんでした。
画像のアップは1MBまでの制限があるので縮小するのですがそのせいですかね?
よく分かっていません。。。

>viewru3103さん
やはり3,000mの星空はいいです。
期待通りでした。
久しぶりに濃い天の川を拝めました。
100mmはいろいろ入って楽しいです。
この領域にはピッタリです。
200mmか100mmがどちらを持っていこうか少々悩みましたが短い方がガイド的にも有利かなと思いまして。
担いで登る価値ある空だと思います。

>やまねももんがさん
苦労した甲斐ありました。
1枚目の確認した時点で興奮おさえるのが大変でした(笑)
この時期、富士山5合目はマイカー規制で上がれませんし自分の足で何とかするしかないですね。
3,000mとなるとどの時期であろうが自分の足か。
天気が悪いとかなり凹みますが天気よくて良かったです。

>おりおんさん
隣でペンタのアストロトレーサーで撮られている方はいました。
富士登山にはそれくらいが苦労と結果を天秤に書けると一番リーズナブルかもしれません。
でもアストロトレーサー次のカメラ持ってるわけではないですし、より精度は上がるので来年以降もポラリエで頑張ります。
GP2君にはお留守番してもらいます(笑)
SE120は普段使いでもお休みが多いです。。
バンビちゃん笑顔が分かりました?(^-^)

>温泉日和さん
カメラポタ赤三脚重いです。
マラソンのおかげか足腰はなんともなかったのですが肩凝りは半端ない状態になりました。
まずリュック背負う時によいしょって言わないと担げないですね。
山小屋着いた時に山小屋の人が荷物を少し移動してくれるのですが、何だこいつは?って思ったことでしょう(笑)
鏡筒と赤道儀、先に断っておきます。
絶体無理です。

>こたろう将軍
横浜微笑念隊長の名に懸けて頑張ってまいりました。
え?将軍様はGP2君担いで山登ってたんですか!
この構図結構気に入ってます。
模倣や盗作ではありません。
先人達の作品を参考にしたまてです。
お絵描きはですねぇ。。
刑については大阪府評定所の裁きをお待ちくだされ(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1917034/61438031

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山7合目の鹿:

« 富士登頂苦難の道、父子鷹が行く 最終回 | トップページ | 富士山でIC1396リベンジ »