2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

旅行・地域

2015年10月 1日 (木)

国宝姫路城

シルバーウィークは岡山でキャンプ。
道端小石さんとの初対面。
その後大阪へと移動しました。
その途中寄り道。
平成の大修理を終えた姫路城をどうしても見てみたかったのです。

連休ということもありすごい人でした。
駐車場も行列。
時間もなかったので前を通り過ぎるだけ。
ちょうど信号待ちで撮りました。
20150921_

まさに白鷺城。
ほぼ正面から撮っていますが、個人的には少し左に寄って斜めの角度の方が好きです。
考えてみたら30年以上も前、小学校4年生で初めて一人で旅に出た先が姫路城でした。




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

2015年9月 2日 (水)

富士登頂苦難の道、父子鷹が行く 最終回

引っ張ってきましたが、いよいよ最終回です。

高山病症状により寝付いたのが1時頃だったでしょうか。
朝は天気良かったのですが息子は御来光を拝む元気はなく。

写真を撮って見せてやりました。
20150811_01_

山小屋のチェックアウトは8時。
ゆっくりと体調の回復を待ちましたがいっこうに良くならず。
やはり高度を下げないことにはどうにもなりません。
でもトイレに行くにも支えてやらないと行けないくらい。
肩を貸して歩くことも無理そう。。。

背に腹は代えられない。
要請すると5万とか10万とか取られるというブルドーザーをお願いするか。
山小屋の人に聞いてみると、骨折や意識不明という状態でないと呼べませんと。

びっけパパの荷物は大量で重い。
リュック背負ったままではおんぶなんてできない。
息子だけ下して、また荷物だけ取りに戻ってっていうのを繰り返すか?
いや、きりがないな。。。
で、考えた末に、息子の荷物は息子に背負わせ、自分の荷物は自分で背負って、息子を抱っこで下りる。
往復するよりは楽だろう。

そうと決まればできるだけ早く高度を下げてやった方がいい。
7時半ごろに出発したでしょうか。

しかし重い。
リュックの中にはポラリエ、雲台ベース、微動雲台、カメラ、レンズ、三脚、etcがありおそらく総重量20kg程度。
息子の体重は25kg。
前に後ろに重りを抱えて砂利道の下山道をひたすら下りる。
といっても200mくらいごとに休憩。
腕も太もももプルプルいってるのです。

こんな状態で5合目までたどり着くのか?
とはいえ行くしかない。
気持ちだけで下りてましたね。
そんな姿に息子は申し訳なさそうな顔してました。
でもオヤジの意地は見せられたかな。

標高にして3,000m付近になったころでしょうか。
歩けそう、と言い出して歩いてくれました。
やはり3,000mというのが一つの壁のようです。

標高下がるごとに元気になってきました。
途中6合目付近で。
20150811_02_6

後ろには三日月型の山中湖が見えています。
この後はひたすら五合目を目指します。
天気が良くて暑いくらいでした。
水がなくなり半脱水状態で。

それでも11時過ぎには5合目に到着しました。
息子は元気でしたよ。
高山病に懲りたかと思いましたが来年も登るそうです。
来年は下の娘も一緒かな?

そうそう、自由研究のテーマはもう一つありました。
山頂でキャップを閉じたペットボトルを家に持って帰るとどうなるか?
20150811_03_

見事に結果が出ました。
実体験がベースになるので自由研究もはかどります。
こちらは一つ目の実験結果。
20150811_04_1

そして2つ目。
20150811_05_2

なかなか中身の濃い富士登山でした。




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

2015年8月28日 (金)

富士登頂苦難の道、父子鷹が行く 2日目

びっけパパ自身も軽い頭痛があったのですが、夜撮影をしているといつの間にか収まっていましたgood
夜中天気はとても良かったです。
おかげでやや寝不足でしたね。
でも御来光はしっかり拝みました。
その前に雲海が綺麗だったので1枚。
20150810_01_

そして御来光!
20150810_02_

まん中下に見えている三日月状のは山中湖です。
息子は起こそうとしたら見ないと言って寝てましたcoldsweats01
あとで聞いたら、「え?そうなの?」と。
寝ぼけて答えていたようです。。。

7時がチェックアウトで6時頃まで寝てたでしょうか。
でも6時30分に出発。
酸素がないと不安だというので急遽山小屋にて携帯酸素購入。
2,000円なり。

2年前に登った時にガイドさんが、酸素はできるだけ使わない方がよいと。
もう少しで頂上って時に使う分にはよいが、せっかく薄い酸素に体が慣れてきたところが戻ってしまうと。
ということを律儀に守っていました。
が、夜の撮影時に御来光を頂上で見る組が出発する時にそこのガイドさんが言っていました。
高山病の症状、頭痛や吐き気、これらがあるときには少し酸素を吸ってよいと。
で、症状が治まらないようであればリタイヤした方がよいと。
とりあえず吸ってもいいのね。
ってことで酸素を買っていきました。
あ、息が少し上がったくらいで吸っちゃダメですよ。

東洋館を出ると8合目までは岩登り。
20150810_03_7

岩登りは大好きで元気満々です。
でも荷物はびっけパパが持ってます。。

8合目、3,100mには7時30分に到着
そこからまた山小屋が続きます。
途中の山小屋の前で記念写真。
20150810_04_8

完全に雲の上です。

10時半頃に本八合目の一番上に到着。
20150810_05_8

ここから上は浅間大社の境内。
山梨県でも静岡県でもありません。
岩場が終わりまた砂利道でジグザグに登って行きます。
これがやっぱりキツイ。
そんな中ふと目をやると雪が残っていました。
20150810_06_

しかし相変わらずのジグザグ砂利道。
息子のやる気もどんどん落ちてきます。
やる気が落ちると高山病の症状も気になります。
時々酸素を吸って気を紛らわせ。
休憩中に息子が見つけました「虹だ!」
20150810_07_

日暈です。
これが出るということは天気が崩れるか。。。
でも気は紛れたようです。

12時半前、9合目に到着。
標高3,600m。
20150810_08_9

ここからはまた岩場が出てきます。
少しやる気になる息子。
目をやると頂上に登った人が下山道を走って下りています。
息子も走りたいと言い出しました。
じゃあ、まず登ろう。

そこから約1時間。
13時半頃ついに登頂!
20150810_09_

やりました。
3年越しの登頂成功。

火口が見たいというので火口付近にも行きました。
20150810_10_

これがなかなかの迫力。
向こう側に見える3,776m地点の剣ヶ峰は時間がないので次の機会。
それでも山頂郵便局から記念のはがきを出してきました。

あとは下りです。
調子に乗って走る息子。
途中雷も鳴り出し雨も降ってきたので走らざるを得なかった部分もありますが。
でもこれが大変な事態を引き起こすのです。。

頂上を出発したのは15時頃だったでしょうか。
本八合目の山小屋、下江戸屋には16時頃には着いていました。
20150810_11_

皇太子殿下も泊まったくらいなのでそこそこいいところなのかと思いきや普通の山小屋でした。
晩ごはんを17時過ぎに食べて寝たものの、20時くらいになると頭が痛いし胸が痛いと。
山小屋の人に相談すると高山病の症状だろうと。
登りは急いで登ると高山病になりやすいとわかっていましたが、下りもダメらしいですcrying
寝ているところは人口密度も高く酸素濃度もさらに低くなるため余計に症状が出るのだろうとのこと。
食事をする大広間で休ませてもらい、息子も苦しいながらも僕の足の上で寝ていました。
0時過ぎには御来光を山頂で見る団体が出て行ったのでようやく寝袋に戻って就寝。

そんな状態だったのでこの日は夜の撮影はなし。
ま、ポラリエ出すようなスペースがなかったってのもあります。
広いところがあったのですがライトが煌々と。
そんなこんなで2日目終了。




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

2015年8月26日 (水)

富士登頂苦難の道、父子鷹が行く 1日目

速報ベースでアップしていましたが8月9日~11日で息子と富士登山に行ってきました。
一昨年は吉田口から登り7合目2,930mでリタイア。
昨年は須走口から登り本7合目3,200mでリタイア。
3度目の正直。
2年前と同じ吉田口からの再挑戦です。

昨年、一昨年とは違い天気は良い予報。
期待が膨らみます。

マイカー規制があるので山梨県立富士北麓駐車場からシャトルバスで5合目まで向かいます。
横浜の自宅を前日22時頃出発。
現地付近には0時前には着いたでしょうか。
あわよくば天体撮影と思いましたが、残念ながら曇り。。。
ま、良く寝ることができましたが。

シャトルバスの始発は4時半。
余裕のある工程なので息子が起きたら出発。
6時半過ぎに起きたでしょうか。
バスは30分おきなので直近のバスは7時発。
でも準備やらなにやらがあるからその次にしようか?って聞いたらすぐ行くと。
慌てて準備して7時にバス停に行くも満員で乗れません。。。
そんな時は臨時便が出るとのことで7時15分に出発しました。

そうそう、今回の富士登山はただ登るだけではありません。
夏休みの宿題、自由研究を兼ねているのです。
お決まりの気圧実験です。
①ポテトチップはどうなるか
②頂上で空にしたペットボトルは下山するとどうなるか

で、駐車場で1枚。
この日1枚目の写真がこれ(笑)

20150809_01_

バスはどんどん登って行きます。
途中見える富士山。
山頂に面白い雲がかかっていたので1枚。20150809_02_

5合目には8時45分に到着。
出発前に記念撮影。
20150809_03_

富士登山はマラソンの時と同じ格好です(笑)
そうそう、忘れちゃいけないポテチの状態。20150809_04_

すでにだいぶ膨らんでます。

高度順応させて9時25分に5合目出発
快調なペースで登って行きます。
途中の倒木で1枚。
20150809_05_

そういや一昨年はこのあたりで既に休憩してたっけなぁ。
2年の成長をしみじみ感じる父でした。

10時半に6合目到着。
20150809_06_6

ここでちょっと休憩。
6合目では富士山保全協力金のお願いをしているおじさんに声を掛けられました。
保全金は5合目で支払い済みでしたのでお金の話ではなく、タイガースのユニフォームを見て。
野球を良く見に行くんですと。
でもよくよく話を聞くとGファンだとかpout
テキトーに相手しておきました(笑)

そうそうポテチ。
20150809_07_6

上下にくびれができてきてますね。

6合目から7合目まではジグザグの砂利道が続きます。
これが結構憂鬱。
5合目が2,305m、6合目が2,390mで標高差が85mしかなかったのに対し、7合目は2,700mと標高差310m。
一気に登るので高山病にならないためにはできるだけゆっくりと。

7合目からは岩場になります。
山小屋も出てきて、都度杖に焼印を押してもらったりと結構楽しいです。

7合目には12時35分に到着
ポテチポテチ。
20150809_08_7

もうダメ~って感じ。
後ろはこんなんです。
20150809_10_

もう破裂寸前。
と思っていましたが、破裂済みだったようです。
これ以上は膨らみませんでした。
小さな隙間ができてしまっていたようです。

7合目も後半。
行く先を見上げてみたところ。
20150809_11_7

鳥居が見えているところが7合目で2番目に高い場所にある山小屋の鳥居荘。
初日の宿泊は7合目一番上の東洋館。
まだもう少し先です。

16時に東洋館到着!
20150809_12_

ま、ほぼ予定通り。
2年前はリタイヤして急遽泊まった東洋館。
今回は予約して行きましたよ。
ここ結構きれいなんです。
今回はセミセパレートの部屋で息子の寝相の悪さも気になりませんでしたし。

標高は2,930m。
高山病の症状か少し頭が痛い程度とのこと。
2年前は吐き気もあってこれ以上登るのは危険と判断した場所でしたがここでも成長を感じましたね。

夕食はハンバーグ定食。
20150809_13_

おいしゅうございました。
これにて1日目終了。
夜もしっかり撮影させていただきました。
それはまた別の機会に小出しにしていきます(笑)




にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

2015年8月11日 (火)

富士登山終了

5合目到着。
なんとか帰ってきました。
本八合目の宿から高山病ダウンの息子をまさかの抱っこで7合目途中まで。
途中で復活してくれたので助かりましたが疲れました。
また来年も登るって言ってますが。。

1439259234935.jpg
これから登る人もたくさんいるようです。

本日のご来光

今日もご来光が綺麗でした。

1439239204545.jpg
夜は雲の中入ったり三脚立てるスペースが狭かったり、子供の具合がいまいちだったりで撮影なしでした。。

2015年8月10日 (月)

2日目の山小屋

山頂まで天気はまずまず。
下りは少し雨に降られました。
本日の山小屋

1439191361842.jpg
皇太子殿下も泊まったことがあるそうです。
でも昨日の山小屋の方が広いし綺麗でした。

皆様コメントいただきありがとうございます。
携帯の電池に余裕がないので帰ってからゆっくり返事書きます。

富士山制覇

山頂到達!

1439183325550.jpg
向こうに見える剣ヶ峰はまたの機会に

ご来光

いい天気できれいなご来光が拝めました。

1439151716398.jpg
さて頂上まで行けるか?

2015年8月 9日 (日)

本日の山小屋

7合目一番上にある東洋館に到着しました。

1439104719291.jpg

息子は少々高山病の症状あり。
明日は頂上まで行けるか?
本人は寝たら大丈夫と言っていますが。